ホーム » レズビアン » 【体験談】勇気出してビアンバーに行ってみた結果wwwwww

【体験談】勇気出してビアンバーに行ってみた結果wwwwww

 

104: スレ主 2016/11/22(火) 07:32:47.42

まだ残ってたんか、皆さん久しぶり
多分ほとんど見てないし覚えてないと思うけど、、。

その後何だかんだで一つ年上の女性と関係持つ事になりました

 

108: 名無しさん 2016/11/30(水) 17:35:44.98
百合好きなおっさんとしても興味深いスレだ
スレ主prpr
はよ続き書いてくれ

 

116: 名無しさん 2017/01/17(火) 12:27:09.02
以前ここで自身の体験談を書かせてもらいました。1です

 

119: 名無しさん 2017/01/18(水) 02:13:14.53
あのあとどうなっていたのか気になっていました
ぜひお話してほしいです

 

120: 名無しさん 2017/01/18(水) 19:31:21.13

どもども
待っていてくれた人がいたとは知らず申し訳なかったです…💧

何から話せばいいだろ、以前言った「年上の方」のお話で大丈夫ですか?

 

121: 名無しさん 2017/01/18(水) 19:34:29.51
大丈夫です。是非聞かせて

 

122: 名無しさん 2017/01/18(水) 19:51:25.45

以前ここでレズ風俗レポ?した後に
行ってきましたよ、レーズンなバーに。
カウンター、個室だいたい二人一組であろう女性方が腰にまわし撫でながら話したり
単独で店に来てチラチラと辺りを見回す変態…これは私になるけど
確かに女性客ばかりで店内はパッと見普通のバーでした。

ドア開けた瞬間いきなりナンパされたらどうしようとか心配(希望)してたけどそうでもない、だから安心して皆さんどんどんレズバー来てください

 

123: 名無しさん 2017/01/18(水) 19:58:29.87

話戻して開けたら10数人の女性客がいて
カウンターのお姉さん(レナさんと呼ばせていただきます)

レナ姉「いらっしゃい、こちらどうぞニコ」
私「あ!はい…」
レナ姉「初めてですよね?外寒かったでしょ?ホットワインにしよか?」
私「あ!はい…」
レナ姉「ふふ笑 可愛いお客様久しぶりなのよ」
私「あ!はい…」

なんも言えねえ…緊張し過ぎてあはいしか言えなかった

 

128: 名無しさん 2017/01/25(水) 23:24:06.86

未成年ですけど飲酒してすんません!と心で謝罪しながらぐびっと飲んだ

まず。
ホットにしようが何しようが美味しいと思えない
それでも我慢してちびりちびり飲んで(るフリして)た
その時
?「一人ですか?」
耳元でささやかれた
むっちゃびくっ!!!として気持ちわr…悪寒がした
振り向くとこれまたボーイッシュなお姉さん(ミナミ)がうっすら口角上げて笑ってる

 

129: 名無しさん 2017/01/25(水) 23:36:24.09

ミナミは隣の席に座って
「何飲んでるのかな?」
と訪ねてきた。
「あー…寒いからねぇ笑 でもこれも美味しいよ」
と自分が持ってるグラスを渡してきた
「…どうも。」
薄黄色の透明感があり一口飲むと果汁?と炭酸の味で飲みやすかったと思う
「あ、美味しいですね」
「でしょ?笑」
そっから私たちは雑談ばかりしていた気づけば2時間たっていた
エロい話は一切なく
どこらへん住みかとかいくつとか言われてもがっついてこなかったし
ミ「あ、そろそろ帰るね、行かなきゃいけないとこあるの
最後にライン教えて?」
もちろん快く教えた。ミナミは軽く手をふり帰っていった

私?私もその後店を出て日知り合いの男子の家に泊めてもらってた

 

130: 名無しさん 2017/01/25(水) 23:42:53.23
朝起きて知り合いの家で寝てたら例のミナミからラインがきた
『おはよ!昨日はありがとうニコ
ところで今日暇?ご飯行かない?』
私はかなりびっくりした。
昨夜は何もなかったけどもしかして向こうもその気が…?
wktkした、男友達にも自慢げに話してた。
数日後にその期待を180°裏切られるけどこの時完全に浮かれてた

 

131: 名無しさん 2017/01/25(水) 23:46:58.09

おーーと忘れてた
ミナミのスペック必要なんかね

ミナミ(仮)
一つ上
教育学部の在学生
身長170手前、中肉中背
地黒、短髪
顔は塩顔?ぽい

 

132: 名無しさん 2017/01/25(水) 23:54:27.28

一度着替えてメイクしてanan読んで準備おっけ!!!
ニヤケながら向かってたかな…
某アウトレットモールに集合と言われウキウキしながら待っていた。
すると「私ちゃーん」と呼ばれ満面の笑みで振り向いた

ミナミはニコニコ笑いながらやって来た
Tシャツ+パンツ+リュック
かなりシンプルでおお…と思ったけど普段がこれなら私に心を開いてくれてる!?
と勘違いして自己解決した

 

133: 名無しさん 2017/01/26(木) 00:04:53.36

ミ「おまたせー、待った?」
私「いいえーウフフ笑」
脳内ハウステンボスチューリップ祭り並に開花してたと思う
どこ行くのかなーフレンチ?和食?食べ放題?
wktkしながらついて行くと奥の店に連れて行かれ着いたのは
ワンコインの蕎麦屋だった

蕎麦屋の店員さんすいません、蕎麦屋が悪いわけじゃありません
ワンコイン最高です
でも私蕎麦嫌いなんです

 

135: 名無しさん 2017/01/26(木) 00:57:13.48
おー、待ってました。
もぉ寝ちゃうけど明日読むの楽しみにしてます(^^)

 

136: 名無しさん 2017/01/26(木) 01:11:17.86

待っててくれてたなんて…あざます!

やたら着飾った女と女が蕎麦屋ってなんなの…と思いながら
ズルズル蕎麦食べてた
かなりテンション落ちてた時に更に予想してないことが起きた

??「おまたせ~」
私「…え、誰?」
ミナミ「お、きたきた」
私「は?」
ミナミ「この子私の友達、マイだよ」
マイ「どうもー」

わっっけわからん。
二人っきりじゃなかったのか…
なんなんだ、そしてあんたはなぜガッツリ定食頼んでんだよ

 

137: 名無しさん 2017/01/26(木) 01:20:22.63

ポカーンとしてると
ミ マ
テーブル

になってた。
なんだこれ、●Pどうぞ的なアレか?
いただきたくないんだけど食べていいのか?
詳しくは忘れたけど

マイ(仮)
ミナミとタメ
保育士
ぽっちゃり?少し大柄
ちょいギャルぽいけど後々男性女性経験なしが判明

とにかく帰りたくてしょうがない
確かに何も知らずにホイホイ着いてきた私も悪いけど
こいつら何が目的なんだ?
色々考えたけどやはり3●しか出てこない
蕎麦ごちそうさんでした。

 

138: 名無しさん 2017/01/26(木) 01:52:07.64

私とマイさんは食べ終わり当の本人ミナミは猫舌だが知らないが
カレー蕎麦をあちちと食べ続けてた
時間かかりそうだからマイさんにちょいちょい話しかけてたけど
この人話しかけても「あー…」とか「うん」しか言わない
マジで何しにきたんだ…笑
楽しむ要素もなにもなくミナミが食べ終わるのを待つか先に会計済ませて
帰るか悩んでた時、

ミ「私ちゃんはさ、辛いこととかある?」
さっきまで蕎麦と格闘してたミナミがいきなり訳わからん振り方をしてきた
カレー残すなよ。

私「え?あー…いや、特に笑」
ミ「世の中理不尽な事沢山あるけどさ、でもどこかに必ず救いの手はあると思う!」
ならはよ解放させてくれよ
私「あー…そうすね(半笑い)」
ミ「あのね、私ちゃん。私ちゃん今から暇?来て欲しい所があるの」
私「…え?」
ミ「ここから15分で着くから!」
私「はぁ…」

嫌な予感がした。今更だけど。
どうもこの感じホテルじゃないだろうし
もうその気もない

時計を見たら夜中の8時半過ぎたころ、
こんな時間にどこに行く気?
すいません、用事あるんで…と断ろうとしたら
さっきまで控えめな感じだったのが一変
グイグイと迫られしぶしぶ着いて行くハメになった

 

139: 名無しさん 2017/01/26(木) 02:03:26.10
勧誘かな

 

140: 名無しさん 2017/01/26(木) 02:12:42.59

ここでしっかり断っておけば良かった
そうすればこんなに狂うことはなかったと思う
今更悔やんでも遅いけど。

半ば無理やりマイさんの車に乗せられ
車はどんどん人気のない道→山奥と進んで行く
結局20分ほどで着いた場所はどこか全然わからぬ山奥の古い社?一戸建ての公民館のような建物がポツンとたててあるだけ。
それ以外はどこ見ても木!!

マイさん、ミナミは車から降りると私にも降りるよう手招きして
「中に入って」
ミナミの顔がさっきより無表情に見えた、
恐怖心が芽生えた。

中に入るとスーツ姿の女性(40?)が出迎え
??「こんにちは~、よく来たわね」
私「え?」
ミ「ニコニコ」
??「まずはお清めをしましょうか!見るとあなた随分外界の空気に触れたのね」
私「…え、は?」
ミ「大丈夫、私もするから!教えてあげる!」
言われるがまま玄関入ってすぐ浴室?に通された
風呂に入れってこと?
ミナミに脱いでと言われ戸惑ったが下手に抵抗するよりも大人しく従い
全て脱いだ。
ミナミも脱いだ。服はロッカーに預けられた
少し銭湯に近い感じ
浴槽は一つ。広く浅い四角い風呂だった

 

141: 名無しさん 2017/01/26(木) 02:22:17.33

先に言っておかなければならない
ここから先少し描写が生々しくなると思う
なるべくふわふわーとぼかすつもりだけど
苦手なら飛ばしてください

ミ「大丈夫?」
私「…何がすか」
ミ「こーゆーとこ初めて来たでしょ!でもね、私ちゃんには幸せになって欲しいの!」
私「…あの、この状況なんなんですか?」
寒いし訳のわからない場所に連れて来られるしイライラしてた

ミ「あ…寒いよね。じゃあもうしちゃおうか?」
私「は?なにを?」
ミナミは棚から持って来た小さな小瓶を出して中に入ってる
塩?白い粉をお湯のはった風呂にふりかけた

私「なんすか、それ」
ミ「ん?汚れを落とすんだよニコ」

頼むからバ●ロマンであってくれ

 

144: 名無しさん 2017/01/26(木) 10:41:16.02

寝落ちしてました。

つづき

もうみんなお分かりだろうけど当時私には全然理解できなかった
そんな知識一つもなかった

ミナミに脱がされ変な粉入れた風呂入らされ「洗ってあげるよ」と言われ
隅々手で洗われた。
気持ち悪い、ちょっと泣きそうになった
特に下半身を執念深く触られた。
全く興奮しないしそれより怖くて帰りたい気持ちがこみ上げてたかな

 

145: 名無しさん 2017/01/26(木) 10:46:48.13
一通り洗って(ベタベタ触られた)もらい
ミ「やっと綺麗になったね!ニコォ」
満足げな顔して風呂から上がり服に着替えさせられた
風呂上がりで濡れてたから多分気づいてないけど
泣いた
私何してんだろ…なんなんこいつら…と怒りなのか悲しいのか
不安定になった

 

146: 名無しさん 2017/01/26(木) 11:13:15.24

また別の部屋に連れて行かれ着いた先は一番奥の大きな扉の前(二つ扉?)
ここに入ってしまえばもう2度と帰れない気がした
ミナミの方に目をやるとニヤニヤとこちらを見つめてる
ですよね、入ります。失礼まぁーす!

扉を開くと20人ばかりの大人がいた(男女混合)
皆んなこっちに一斉に目を向けてる
そんなに見つめないでよ穴空きそう、物理的なアレで。

するとどこで待機してたかさっきのスーツおばさんが出てきて
手をひかれ一番前(壇上から)に座らされた。
そして何かわからぬ教本?を渡された。

 

147: 名無しさん 2017/01/26(木) 11:23:24.37

パラパラと読んで見るとまぁー神があれだこうだ
私達は幸せになれるうんたらかんたら
どこからきたんだイザナミイザナギ

本当にこんな世界ってあるんだなぁ…私には無縁だと思ってた

 

148: 名無しさん 2017/01/26(木) 11:42:07.13
そっから30分くらいかな?教本にのってる文章をひたすら音読させられたり
ヨボヨボのおじいちゃん(俗に言う教祖)がうつってる映像を見て
気が狂いそうになる、吐き気もする
頭も重い
ここでもう終わって欲しかった、けどそうにもいかない

 

149: 名無しさん 2017/01/26(木) 12:08:43.06

いきなりミナミが壇上にたち
ミ「皆さんにご報告があります。この度私達は先ほど契りを交わし清めの儀式を迎えることが出来ました!

私ポカーン( ゚д゚)
まわりはわぁー!おめでとう!と拍手してた
そして私も壇上にたたされ
ミ「これから私達は一心同体となりこれからもこの〇〇会の活躍に貢献していきます!

もうね、わけわからんじゃすまされない状態

私「え…ミナミさん?」
ミ「…ここまで本当に長かった。2人で頑張っていこうね!」
満面の笑みで電波?発言してるミナミを見てさあっと血の気がひいた
こいつらやばい、今更だけど危機感を感じた

 

150: 名無しさん 2017/01/26(木) 12:47:48.71
めっちゃ怖いな
トラウマになりそう
信じられへん

 

151: 名無しさん 2017/01/26(木) 15:53:57.67

釣りみたいだろ?ほぼノンフィクションなんだぜ。

何もかも遅すぎた。けど今逃げないともっと深いところまでいきそう
友達に頼んで迎えにきてもらおうとした。だがしかし
そもそもここがわからないのに救助なんて頼めない
(あ。。google先生!)
位置場所を確認しようと携帯開いたらさらにゾッとした

位置情報確認できない。

(Wi-Fiないからね!!)

 

152: 名無しさん 2017/01/26(木) 16:29:11.50

このままオウムに入るぐらいなら自力で逃げよう。
街から車20分てことはそこまで大した距離じゃないハズ…
夜ですっかり暗くなったけど民家が何軒かたってたのは覚えてた。
「清めの儀式?」とは決まった時間に行わなければいけないらしく
それまで部屋で待機された。
けどさっきチラッと見えたんだが「待機室」と書かれた部屋、
窓に鉄格子されてた。

あ。今逃げないと不可能だな

「儀式wの前にお手洗い良いですか?」
トイレを借りると少し高めの窓が開いてありギリギリ体抜けれると確信し
音を立てないよう逃げて外に出ました

 

153: 名無しさん 2017/01/26(木) 16:56:56.92
失恋→レズ→宗教→脱走
お前未成年なのに凄い体験してるなw

 

154: 名無しさん 2017/01/26(木) 17:44:30.02

ははははもう大したことじゃ驚かないwwww

電話番号、ライン、全て消したしもう大丈夫だろうと思った
大丈夫であって欲しかった

 

155: 名無しさん 2017/01/26(木) 17:53:10.23

翌日、大学で授業を受けた後友達と空きコマの間遊びに行こうとした
歩いてると校門前に1人ポツンとたってこちらを見つめてた
裸眼だとよく見えなかったのでメガネをかけてみた
誰かわかった瞬間友達の手を引っ張って走って逃げた

ミナミだった

 

156: 名無しさん 2017/01/26(木) 17:54:06.32

小説みたいだな

裸足だったの?
外は真っ暗で現在地もわからない
どうやって帰ったの?
服は?

 

157: 名無しさん 2017/01/26(木) 18:26:06.36

事実は小説よりなんちゃらて言うよね

部屋は土足
いくら暗くても慣れれば微妙に景色わかってきたし携帯もある
フェンスを越え少し歩くと民家が見えた。
もしかしたらオウムの味方の可能性があると思ったから
助けてとは行かなかったけど民家があるって事はそんなに高い山じゃないなと
確信して下山よりも外側に出る感覚で歩いてた
案の定道路が見えた

 

158: 名無しさん 2017/01/26(木) 18:57:40.62
宗教なめたらアカンほうがええよ

 

159: 名無しさん 2017/01/26(木) 19:42:51.02

ほんとね。。

何も言わず走って逃げてる私に
「三浦!!さっきの人知り合い!?」
友達にも恐怖感が伝染してしまう
大学にある関係者以外立ち入り禁止の部屋に隠れて
全てを話した、どこで出会ったか、何をしたのか、
友達は黙って聞いた後ふぅ…とため息されて
「やっぱりね」
「あんたあんまり自分の大学興味なさげで外遊びばかりするから
知らないだろうけどあいつわりと有名なんだよ」

かなり驚いた
そしてかなりショッキングなことを聞いた

 

160: 名無しさん 2017/01/26(木) 19:55:50.22

ミナミは私と同じ大学
2年の教学部に在学
私の大学は高校エスカレーターで
高校出身5割、残りは他校出身からきていた
高校出身者の中ではかなり有名
私と同じように宗教勧誘を受け軽い気持ちで見学に来た子たちを
サインさせたり受講終わるまで帰らせてくれないとか

しかもその被害者の中に毎日大学で会う同じクラスのあの子やいつも隣に座るあの子まで
被害にあっていた
じゃあなぜ誰も被害届け出さないのか

勧誘受ける子たちは皆何かしら家庭内事情を持った子たちばかりで
簡単に親や保護者に頼れない、または遠方から来ててすぐには親を召喚できない
まだ右も左も分からない大学デビューに浮かれる一年生を
片っ端から声かけて拉致ってるらしい

 

161: 名無しさん 2017/01/26(木) 20:02:23.38

友人から聞いて絶望した、というか力が抜けた
私はなんて馬鹿なことしたんだろ、
行かなきゃ良かった、会わなきゃ良かった、
知らなきゃ良かった、無知でも良かったのに
変に知ろう体験しようと浮かれて何も見えなかった

「でもさ、いくらなんでもその契りを交わしました?ていうの
ちょっと今までよりやばいと思うよ。
あんた、これから本当に大丈夫?」
他の人だっていつの間にか関わる事はなくなったんだから
私のこともすぐに飽きるだろうと言った

私はまだ救われると思ってた

 

162: 名無しさん 2017/01/26(木) 20:27:42.25

後日、私は中古車を購入し通勤通学することになった
大学生が車持つと友達からほぼ毎日のようにアシ扱いされるのは
お約束だがまぁなんだかんだ私も楽しかったし色んなとこに行った

数日後、私は学校終わった後
アルバイトに向かい夜の10時に終わり自宅に帰ろうとした時
アルバイト先から駐車場まで少し歩かなければいけないけど
後ろからつけられている気がする
人目がつかなくなり後ろを振り向くと
ミナミが仁王立ちしていた
表情はよく見えないけど無表情に近い
ドクンドクンと鼓動が高鳴った
私は覚悟?して何事もないように通り過ぎようとした

ミ「待てやゴルあああ!!!!!」
あまりの怒声に思わずビクッ!!
ミ「お前ふざけんな!!!ふざけんなやあああ」
手足が震えたうまく立ててるかわかんなくなってきた
ミ「私だってなあ!しょうがなくやったんだよ!
好き好んで選んだわけねええだろうが!」

なんとなく察した
なるほどね、悪いけど私もバイト帰りに刺されて死にたくない
少し冷静になれた気がして急いで走って駐車場に行き車にエンジンかけて
落ち着け、こういう時こそ冷静になれ
そう言い聞かせて運転しようとすると

バンッッッ!!!!

左ドアの窓ガラスに思いっきり張り付いたミナミの顔があった
勢いよくクラクションをならし少し引いたのを狙って走らせた
ハンドルを持つ手が震えてたのになんとか家に着けた

 

163: 名無しさん 2017/01/26(木) 20:37:29.55
まじ怖ぇ
こういう事って警察に行っても何もしてもらえないもんなのかな?

 

167: 名無しさん 2017/01/26(木) 21:25:02.53
以上フィクションでした

 

168: 名無しさん 2017/01/26(木) 21:36:52.49
そんなバナナ

 

174: 名無しさん 2017/01/26(木) 22:47:02.34

なんか凄いな
そんな在り来たりな事しか言えないわ
でも貴方がミナミともその宗教みたいな所とも縁が切れてよかった
家族の事も

ここ1年くらいの話なのかな?
随分濃い年だったね
精神的にも随分大人になったんじゃないかな?
と感じるわ

レズ風俗ね、私はたまに行ってるんだけど
私の悩みなんてちっぽけだなって思った
気にせず仕事頑張ろ
結局前を向くしかないもんね

書いてくれてありがと!

 

231: 名無しさん 2018/05/13(日) 23:18:14.30
途中からオカルト話みたいになってて草

 

引用元: http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/break/1476188068/"

 

カテゴリ:レズビアンの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
アクセスランキング